はぶ茶(決明子)

はぶ茶(決明子)(ハブ茶)についての解説

健康茶として多くの人に親しまれる「はぶ茶」は、「エビスグサ」という植物の種子「決明子」のことを言います。
「決明子」は、6面体の形をしているところから6角草ともいわれます。
決明子 はぶ茶は、本来 ハブ草の実の「望江南」のことであったが、現在では一般的に「決明子」をさすようになりました。
どちらも同じ使い方をします。
「エビスグサ」は、北アメリカ原産といわれる1年草で、日本には江戸時代に熱帯アジアから中国南部をへて渡来しました。
異国から来たという意味で夷草(エビスグサ)と名づけられたと言われています。
「決明子」は、明を決する種子しいう意味ですが、直接目に効くというよりは、便通を良くすることによる2次的な効果によるものと考えられます。

成分
アントラキノン配合体のエモジン、オブツシフォリン、クリソファノールなど。

採取時期
10月頃、さやの果実が褐色になったら摘み取り、日干しにします。

「はぶ茶」の薬効および使用法  

薬草のページ

漢方薬 通販 ナガエ薬局が運営する、
美容と健康の総合通販サイト
ナガエ薬局
漢方薬・薬草(生薬)取り扱い
美肌本舗
免疫本舗
Diet本舗
←美肌本舗へ
          NMO以外に
←免疫本舗へ  も各商品を
          専門に扱う
←Diet本舗へ  「本舗」たち