ドクダミ(十薬)
ドクダミ(十薬)についての解説

「ドクダミ」は、特有のにおいをもっているので、「毒が入っているのでは?」ということで「毒溜」の名から由来しています。

「ドクダミ」は「ジュウヤク」とも言われています。
その由来は、「大和本草」(1708)の記述からきています。
そこに「我が国の馬医これを馬に用いると、十種の薬の効能があるので 十薬と言う」と記載されています。
東アジアに広く分布し、日本各地でも 湿った陰地に ごく普通に野生しています。

成分
全草の精油の主成分は、メチルノニルケトン。
その他の成分は、クエルチトリンやイソクエルチトリンなど。

採取時期
煎じて飲むためのものは、5〜6月の花の咲いている時期に、根も含めて 全草を採取する。
化膿性の腫れ物に使う時は、随時 新鮮な葉を使用する。



「ドクダミ」の薬効および使用法 

薬草のページ
ナガエ薬局


漢方薬 通販 ナガエ薬局が運営する、
美容と健康の総合通販サイト
ナガエ薬局
漢方薬・薬草(生薬)取り扱い
美肌本舗
免疫本舗
Diet本舗
←美肌本舗へ
          NMO以外に
←免疫本舗へ  も各商品を
          専門に扱う
←Diet本舗へ  「本舗」たち
<漢方薬紹介(一例)>
黄連解毒湯」 ・「乙字湯」 ・「温清飲」 ・「加味逍遥散」 ・「牛車腎気丸」 ・「牛黄清心丸」 ・「麦門冬湯