ウメ

「ウメ」の薬効解説のページ
- Prunus mume Sieb.et Zucc(Rosaceae) -
生薬名:  烏梅、白梅花
ウメ
中国原産の落葉小高木で、かなり古い時代に日本に渡来しています。
未熟果実(青梅)を燻製にしたものが「烏梅」で、漢方では解熱・鎮咳・去痰・止瀉・駆虫の効果があるとされています。
強い酸味のあるコハク酸、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸などを含み、未熟種子にはアミグダリンを含みます。
ベニバナの色素抽出や媒染剤として利用されました。
和名は、そもそも漢薬「烏梅」の中国語の発音「wumei」に由来すると思われます。
古来より食に関して、「塩梅(アンバイ)」という言葉がありますが、料理の中で大切な役割を持つ塩と組み合わされる梅は「梅は媒であって、衆味を媒合する」ものとしてとらえられ、五臓の働きを調整・融和する薬として理解されます。
醍醐天皇の頃、右大臣であった菅原道真が大宰府に流される時、自庭の紅梅をおしんで「東風吹かば、匂い起こせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」と詠んだのは有名です。
その後、庭の梅が大宰府に飛んで根付いたという「飛梅伝説」が生まれ、以後ウメは天満宮や天神様の象徴となりました。
梅干の歴史は古く、平安時代には「息切れ」の薬として貴重品扱いされました。
その後、戦場用の食品や解毒剤として重要な役割を果たし、梅干が庶民のものとなったのは江戸時代に入ってからのです。
薬草のページ

漢方薬 通販 ナガエ薬局が運営する、
美容と健康の総合通販サイト
ナガエ薬局
漢方薬・薬草(生薬)取り扱い
美肌本舗
免疫本舗
Diet本舗
←美肌本舗へ
          NMO以外に
←免疫本舗へ  も各商品を
          専門に扱う
←Diet本舗へ  「本舗」たち

[PR]筋肉痛・肩こり 関連用品
トクホンサロンパスアンメルツ/アンメルシンサロメチールパテックスパスタイムインサイドフェイタスカルテパメンフラバンテリンハリックスゼノール
エレキバンせんねん灸釜屋の艾