「 ウコン 」

「ウコン」の薬効解説のページ
ウコン
ウコンは熱帯アジア原産のショウガ科の植物です。
国内では、沖縄、九州南部、屋久島に自生し、また栽培もされています。
ウコンを知らなくても香辛料のターメリックと同じもの、あるいはカレー粉の主成分です。
決明子 ウコンの根茎を切るとオレンジ色をした果肉が現れますが、黄色い色素はクルクミンを主とするクルクミノイドです。
これらの色素は古くは金染め、江戸時代以降はウコン染めの名で染料として使われてきました。
原産地のインドからマレーシアにかけては香辛料として用いられますが、根茎は重要な生薬でもあります。
生薬のウコンは秋に葉が枯れた頃に掘り出した根茎を水洗い後、陰干ししたものです。
漢方では利胆、芳香性健胃薬の他に止血や鎮痛を目的に様々な処方に配合されます。
主成分のクルクミンは胆汁分泌を促し、脂肪の消化吸収を助ける作用があり、利尿や肝臓の解毒作用を強化する働きもあります。
またウコンのエキスはビタミンEと同等の高酸化作用を示すことが最近の研究で明らかにされ、新たな注目を集めている生薬です。
薬草のページ 
ウコンのアイテム&ウコン茶

漢方薬 通販 ナガエ薬局が運営する、
美容と健康の総合通販サイト
ナガエ薬局
漢方薬・薬草(生薬)取り扱い
美肌本舗
免疫本舗
Diet本舗
←美肌本舗へ
          NMO以外に
←免疫本舗へ  も各商品を
          専門に扱う
←Diet本舗へ  「本舗」たち
[PR]植物由来の健康食品
青汁イチョウ葉大麦若葉杜仲ブルーベリーマカ高麗人参田七人参