「センブリ」

「センブリ」の薬効解説のページ
せんぶり
センブリは、日本、朝鮮半島、中国に分布し、高さ20〜25cmの2年生草本で、全草に強い苦みがあります。
一年目は小さな楕円形の葉を出し、茎は立ち上がらずそのままの状態で過ごします。二年目に暗紫色を帯びた茎を直立し、葉は狭皮針形で対生します。
9〜11月頃円錐花序枝端に生じ、白色で紫色の条線のある花を多数開きます。
この開花期の全草を乾燥したものが局方生薬の”センブリ、当薬”で、苦味健胃、整腸薬として用いられています。
和名の「センブリ」は、「千回振り出しても まだ苦い」という意味で、「当薬」は「適切な薬」の意味です。
いずれも この植物の特徴をよく表しています。
「せんぶり」は、我が国で生まれた生薬 すなわち「和薬」で、中国の当薬とは基源植物を異にしています。

成分
苦味配糖体はスウエルチアマリンなど数種が知られているが、特に苦いものはアマロスウエリン、アマロゲンチンです
薬草のページ

漢方薬 通販 ナガエ薬局が運営する、
美容と健康の総合通販サイト

ナガエ薬局
薬剤師 求人 大田区
美肌本舗
免疫本舗
Diet本舗
←美肌本舗へ
          NMO以外に
←免疫本舗へ  も各商品を
          専門に扱う
←Diet本舗へ  「本舗」たち