モモ

モモの薬効解説のページ
Presicae Semen
モモ
モモは、バラ科に属する落花生の低木で、高さは3m程になります。
旺盛な生命力を持ち、苗木を植えてから3年で実をつけますが樹齢は20年と短めです。
4月下旬に葉とほぼ同時期に、短い花柄を持った花が群がって開きます。
花色は白色、淡紅色で花弁は5枚です。
原産地はペルシャと中国の2説がありますが、一般的には中国西北部の黄河上流地帯といわれています。
中国では五果のひとつとされ、古くから栽培されています。
日本でも弥生時代の遺跡からモモの核が出土されており、 古くから食用にされていたと考えられています。
国内の桃の栽培は江戸中期から始まりましたが、当時の桃は実が小さくて酸味の強いものでした。
モモ 明治以降の品種改良により、現在のような味の優れた品種が生まれてきました。
生薬の桃仁は夏に果実を収穫し、果肉を除いて中にある硬い核を割り、 種仁を取り出して日干ししたものです。
桃仁は脂肪油、アミグダリン等を含み、漢方では消炎、鎮痛を目的に 産前産後、血の道、月経不順などの婦人病薬に処方されます。
なお、桃仁は作用の強い成分を含むので、用量に十分注意して使用する必要があります。
また、桃の葉には保湿成分があり、あせも、湿疹、かぶれなどに浴湯料として用います。
薬草のページ

漢方薬 通販 ナガエ薬局が運営する、
美容と健康の総合通販サイト
ナガエ薬局
漢方薬・薬草(生薬)取り扱い
美肌本舗
免疫本舗
Diet本舗
←美肌本舗へ
          NMO以外に
←免疫本舗へ  も各商品を
          専門に扱う
←Diet本舗へ  「本舗」たち