カギカズラ

「カギカズラ」の薬効解説のページ
Uncariae Uncis Cum Ramlus
( アカネ科 )
カギカズラ
カギカズラは常緑のつる性木本で、若い茎は四角です。
本州の房総半島以南の山林や浜辺の林に自生します。
6〜7月頃、葉腋の真上に花柄を出し、その先端に黄緑色の小花が集まった直径2cmほどの球状の花序をつけます。
葉腋には小枝が変化して出来た釣り針状に湾曲した鉤があり、他の植物にからみついて伸びます。属名は釣を意味するラテン語uncusに由来します。
漢方では、夏から秋にかけて釣を採取して日干しにしたものを釣藤鉤(ちょうとうこう)と呼び、高血圧患者の頭痛、眩暈や、子供のひきつけ、疳の虫に用います。有効成分はリンコフィリンというアルカロイドで、血管を拡張し高血圧を改善することが明らかになっています。
釣藤鉤を含む漢方処方「釣藤散」に、脳血管性痴呆患者の精神症状の改善効果が2重盲験試験で確認されたことは、最近の大北話題となりました。
リンコフィリンは葉にも含まれていますが、釣と同じ効果を得るためには3倍量を使う必要があります。 煎じる時間は20分程度が好ましく、それより長いと有効成分の一部が分解します。
なお、中国産の釣藤鉤はカギカズラと、トウカギカズラの両方が用いられています。
薬草のページ

漢方薬 通販 ナガエ薬局が運営する、
美容と健康の総合通販サイト
ナガエ薬局
漢方薬・薬草(生薬)取り扱い
美肌本舗
免疫本舗
Diet本舗
←美肌本舗へ
          NMO以外に
←免疫本舗へ  も各商品を
          専門に扱う
←Diet本舗へ  「本舗」たち

【PR】美容・化粧品 色々
アトピコアルージェ大島椿米ぬか美人コラージュセバメド