ハス

「ハス」についての解説
- Elumbis Semen -
ハスは、欧州東南部から日本・中国・インドなどのアジア諸国、そして豪州
北部にも分布する多年生の水草です。
地下茎は、節の多い円柱形で、泥中を枝分かれしながら伸びます。
花期は7~8月で、長く直立した花柄の先に紅色、ピンク、白色などの大きな花をつけます。
果実は楕円形で、暗黒色、ロート型をした花托の上面の穴に入っています。
果期には花托が肥大し、その様子が蜂の巣状に見えることから、古くは蜂巣(ハチス)と呼ばれていました。
仏教で、ハスは生命発生の母胎と信じられ、仏陀の生誕を飾ったとされているハスの花は、蓮華と称されます。
日本では、専ら仏花とされているハスですが、インド・スリランカでは国花とされ、お祝いの席で飾られます。
ハスは、江戸時代中期以降、野菜として本格的に栽培されるようになりました。
地下茎の末端部が肥大した蓮根は、食用のほか、下痢止めなどの薬用にもされます。
成熟した果実を乾燥したものを「蓮実」、殻を剥いだ種子を「蓮肉」(写真)と呼び、滋養強壮・利尿・通経薬として用います。
葉には、消炎・収斂などの効果があり、口内炎・歯茎の腫れにうがい薬として用います。 レンニクを使用している漢方薬としては、「参苓白朮散」や「清心蓮子飲」があります。

薬草のページ 

ナガエ薬局 ナガエ薬局が運営する、
美容と健康の総合通販サイト
ナガエ薬局
薬剤師 求人 大田区
美肌本舗
免疫本舗
Diet本舗
←美肌本舗へ
          NMO以外に
←免疫本舗へ  も各商品を
          専門に扱う
←Diet本舗へ  「本舗」たち
ナガエ薬局のビタミン&ミネラル解説
<カテゴリ紹介(一例)-「男性化粧品」>
アウスレーゼ」 ・「エロイカ」 ・「バルカン」 ・「ブラバス」 ・「ヴィンテージ」 ・「マンダム」 ・「ロードス」など ・!!