「げんのしょうこ」
「げんのしょうこ」についての解説

「げんのしょうこ」は「現の証拠」で、下痢の時に用いると すぐに効果が現れるところから由来しています。
また同じ意味で「たちまち草」の別名があります。
これらの名前から分かるように げんのしょうこの薬効は確かなもので、医療用の医薬品(フェロベリン)としても使用されるほか、一般医薬品(ワカ末止瀉薬など)でも販売されています。
山地・野原・道端などに、ごく普通に野生している多年草です。
茎は地面を這うようにのび、7〜9月に白色または紅紫色の花をつけます。

成分
タンニンが多く含まれる他、没食子酸、クエルセチン、コハク酸。

採取時期
夏、花の咲いている時期に、全草を採取し、水洗いをして陰干しする。


「げんのしょうこ」の薬効および使用法



薬草のページ
ナガエ薬局

漢方薬 通販 ナガエ薬局が運営する、
美容と健康の総合通販サイト

ナガエ薬局
アイテム紹介
美肌本舗
免疫本舗
Diet本舗
←美肌本舗へ
          NMO以外に
←免疫本舗へ  も各商品を
          専門に扱う
←Diet本舗へ  「本舗」たち

免疫系商品いろいろ・・メシマコブ・・プロシュア・・ルミン・・・・アガリクス・・フコイダン・・sitemap